Brain100 studioプログラム

Brain100 stuidoプログラム

ブレイン100 スタジオは、

  1. 認知症の発症リスク参考値*を 「超早期」に判定
  2. 脳神経変性がまだ少ない段階からの 総合的・効果的な予防活動で
  3. 脳の健康な状態を保つことを目指す

プログラムです。

※ 医学的な判断ではなく、当社の独自アルゴリズムによる判定 であり参考結果となります。

現在の認知症予防のイメージ

物忘れが多くなる、今まで出来ていたことが出来なくなる(暗算など) といった自覚症状が出てきた段階で検査をし診断されても、

「進行を遅らせる」ことしかできない。

参考:MCI(軽度認知障害)から認知症への移行率は5年で約50%

Brain100 studioの認知症予防イメージ

30 代 40 代で始まっている脳神経の変性。物忘れなど自覚症状もなく まだ発症してもいない「超早期」段階に、「Brain100 テスト」空間ナビ 測定により発症のリスクを判定。脳神経の破壊・脳の萎縮が起こる手前 の段階で、健康診断と同じように脳健康のチェック・予防活動を行う。

日常生活の改善から発症リスク要因の低減→

「脳健康を維持する」ことを目指す。

認知症の病理ステージと測定のタイミング

平均寿命と健康寿命の差は男性9年、女性13年

平均寿命と健康寿命の差

Brain100 studioプログラム 2つの特徴

Brain100テストと16項目問診

発症リスクを「超早期」段階で判定

※ 医学的な判断ではなく、当社の独自アルゴリズムによる判定 であり参考結果となります。

発症リスク判定

発症リスク判定レポート

ご自身の生活習慣と照らしスマホアプリを使って管理します。項目ごとのリスク状況を捉え 総合的 な脳健康スコアから発症遅延に向けた予防活動を進めていきます。 

Brain100 テストとは

Brain100テスト
  1. 認知症発症の要因につながる脳神経の変性は、「嗅内野」という 部位で最初に出現。
  2. 嗅内野での脳神経変性段階では、他の脳機能がサポートしてい るのでまだ自覚症状が出ないが、嗅内野が担う脳機能である 「空間ナビゲーション」の機能低下が認められる。
  3. 「Brain10 0 テスト」ではその空間ナビゲーション機能を測定。 20 代から始まる脳の老化が、認知症の発症にどれほど近づいて いるか、認知機能の低下がどの程度まで進んでいるかを「超早期」 に知ることができます。
VRゴーグルでの測定の様子
VRゴーグルでの測定の様子
測定結果イメージ
測定結果イメージ

リスク要因16 項目のチェックと総合評価レポート

Brain100レポート

WHO 世界保健機関が 2019年に予防ガイドラインとして定めた 12 項目に加え、神経科学・臨床医学など各分野の専門家によっ てまとめられた「4 項目」で構成されています。

改善余地の分析

項目ごとのリスク状況、改善余地アドバイスなど

【項目ごとのリスク状況、改善余地アドバイスなど】

やる気を引き出し 明るく楽しく

Brain100脳トレと認知症疑似体験

Brain100 インストラクターとのリモートでのアドバイス(フィー ドバック)やアプリからのメッセージやメニューがあなたのモチベ ーションや脳健康への意識を高め、日々の予防活動を支援します。 空間ナビ脳トレはスマホで手軽に行えます。